ボディメイク

万年肩こりの私がオススメする!肩こり市販薬!

  

たまにツイートしているが、私は重度の肩こりもちだ。

    
どのくらい酷いか説明すると何万字も必要になるが、とにかく肩が凝っていない時はない。
肩こりと言うとなんだか軽く見られがちだが、重度ともなると生活や精神面に支障が出まくる。
  

整体、マッサージに定期的に通わないと、機能しなくなる体で、ペインクリニックでのトリガーポイント注射や、美容外科でのボトックス注射も経験済みだ。

    

そんな万年肩こり人間、IKENEKIは、症状を軽減させるために市販薬にも頼っている。

少しでも楽になりたいと、薬局に貢ぎまくっている。今までにいくら使ったんだろう…もう考えたくない。笑

   
そこで今回は、同じ悩みを持つ同志に向けて、数多くの肩こり製品を試した中でも、特に個人的おすすめの市販薬をご紹介しよう!!! 

    

ナボリンS

特徴は下記の通り。

「ナボリンSには、筋肉疲労に効果のあるビタミンB1、血行不良を改善するビタミンE、末梢神経のダメージを修復する活性型ビタミンB12(メコバラミン)を配合。メコバラミンは4種類あるビタミンB12の中でも、体内で利用されやすく、末梢神経に直接作用する活性型のビタミンB12です。また、メコバラミンの働きを強化する葉酸も配合し、神経修復力を高め、“もんでも楽にならないコリ”として感じるつらい肩こり、腰痛や目の奥がジンジンする眼精疲労によく効きます。」公式サイトより。

   
これ、疲れが取れる。体全体の疲れが取れるので、肩こりも楽になる感覚がする。
ナボリンSは、肩こりの辛さが0になるわけではないが、肩こり用錠剤の中で効果を実感できる唯一のものだった。リピートしまくっている。
おすすめは、夕食後に飲んで寝る。翌日のスッキリ感が違う。

   
ただし、飲んだ数分後より息がビタミン臭くなるのが難点。

    

葛根湯

風邪薬として有名な葛根湯。実は肩こりにも効果があるのはご存知だろうか。特に、若い人には効きやすいとのこと!


葛根湯は即効性があるので常備している。空腹時に飲むと、10分後くらいには肩周りの血流が良くなっている感覚があり、「もうだめ…。これ以上頭が働かない…。」ってくらい仕事で緊張状態にあり辛い時でも、症状が軽くなる。

個人的には粉末より液体の方が効く感じがする。

  

シール鍼

円形のシールに、小さな鍼がついているもの。凝っている箇所に2〜3日間貼り続けると、楽になる。

   
私は、スポールバンやセイロンの商品にはよくお世話になっている。

   
貼る際のコツは、一箇所のコリポイントに、3枚密集して貼ること!ミッキーみたいな形に。値段も安くはないが、市販薬で一番効果を感じる。
  

あと、顔に貼って美容鍼としても使える。こめかみや法令線に貼ると、顔の血行がよくなってスッキリ見える気がする!

ちなみに痛みは、鍼だけどちくっとする程度で、全く痛くない。てかさ、むしろ重度の肩こりだと痛いくらいの刺激の方が嬉しくない…??

     

トクホンエースホット

  

湿布の中で一番好き。ボルタレンテープも好きだが、高価なので毎日の使用は難しい。サロンパスは全く効かない私だけど、トクホンエースホットは刺激が強くて良い。

逆に肩が凝っていない人は、ビリビリの刺激が辛く感じるかも。


完全に肩こりが取れるわけではないが、これを睡眠時に貼ると貼らないとでは翌日の肩のコンディションが違う。
扱っている薬局が少ないが、安くて良い感じに刺激があるので、これを買うためだけにちょっと遠くの薬局に通っているくらいだ。

  

▼他の記事もどうぞ

おすすめ