歯列矯正

抜歯の隙間を測ってみた!〜1月目〜

矯正開始当初、私は思っていた。


「3ヶ月くらいで抜歯の隙間埋まってくれないかな。」

淡い期待だった。


今、当時の私に言いたい。
「3ヶ月じゃ全然埋まりませんよ。」と。笑

  

    

すぐに前歯を下げるわけではない

歯医者さん曰く、私の場合、矯正器具装着から3ヶ月は歯の並びを整える期間

↑抜歯したのは4番なんだけど、

土台を整えてから、アンカースクリューを装着・前歯を引き下げるフェーズに入るのだそう。

歯の番号で説明すると、

3番を下げて4番抜歯跡の隙間を埋める→②2番と3番の間に隙間ができる→③1・2番を下げて2-3番間の隙間を埋める。

というもの。

つまり、4番の抜歯跡が埋まっても、次は3番の位置に隙間ができるってわけ。

早く埋まらないかなとワクワクしていた時間は無駄だった…。

このため、抜歯の隙間はなかなか埋まらないが、前歯はどんどんすきっ歯になっていっている。😭

この隙間、開きすぎて、歯磨きの際にフロスで擦るとめっちゃ汚れが取れる。(汚い話スミマセン)

前歯がすきっ歯、抜歯の隙間はなかなか埋まらない、表側矯正で口元もっこりの三重苦で、もはや矯正器具をつける前よりブスになっている。
  

綺麗になるためには、いったんブスになる過程も必要なのだ。

エピローグが長くなったが、「隙間が埋まらないってどないやねん」と思う方のために、隙間測定をスタートする。

    

計測ルール

計測は、ブラケットとブラケットの間の長さをメジャーで測ることにした。

本当は歯と歯の隙間を測りたいけど、ブラケットを始点と終点にしたほうが、明確な目印になって、誤差が少ないと思ったから。

    

抜歯矯正開始1ヶ月目の、歯の見た目

ちなみに上側に矯正器具つけて3週間目、下側につけて1週間目の見た目はこんなかんじ。

すきっ歯がすぎる!!!

    

現在の隙間の長さ

では早速、隙間の長さを記録します!

結果

右上→1.2㎝

左上→1.1㎝

右下→1.3㎝

左下→1.4㎝

これからどのくらい埋まるか楽しみ!

▼他の記事もどうぞ

おすすめ